「こどもの日」

2018年4月26日 15:54

男子の節句として祝われているこどもの日。別名を「端午の節句」といいます。
端午の端は「初め」という意味で、月初めの午の日にお祝いをしました。のちに、午は同音で「五」を指すことから5月5日となりました。
戦後になって新しい国民の祝日の実施により「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する日」として制定されたことから、今では男子だけでなく、すべての子どもの成長を祝う祝日となったのです。

さて、この「こどもの日」の行事食といえば、初節句に悪病災難を払い無事の成長を願い「ちまき」を食べますね。
柏(かしわ)が新しい芽がでるまで古い葉を落とさないことから、「家督が途絶えない」縁起物として「かしわもち」も広く知られています。
「かしわもち」は、葉の香も味わいながら食べますが、この天然の香成分(オイゲノール)には、防臭・殺菌効果もあり、供物としての日持ちにも一役かっているのです。「ちまき」を包む竹笹にも同様の効果があります。

 

そして、美味しいものを食べた後には、菖蒲湯に入ります。


古来より、菖蒲(しょうぶ)は形が刀に似ていること、邪気を祓うような爽やかな香りを持つことから、男子にとって縁起の良い植物とされています。
家屋の外壁から張り出した軒(のき)に吊るしたり、枕の下に置いて寝たりすることもあります。
奈良時代の聖武天皇の頃より端午の節句に使われ始め、武士が台頭してからは「しょうぶ」の音に通じるので「尚武(武道・武勇を重んじるの意)」(勝負にも通じる)という字が当てられるようになりました。
また、芳香のある根茎には、テルペンが含まれ鎮静効果や温浴効果があり、風呂に入れることで、香を多く体内に取り入れることができるのです。

みなさんも、お試しあれ。

先日、卒業生の前田量子さんが栄養校に遊びに来てくださいました!

前田さんは織田栄養専門学校を卒業後、保育園・病院の栄養士を経験し、管理栄養士の資格を取得。
現在は、料理教室を主宰し、ELLE gourmet公認料理家としても活躍しています。

そんな幅広いフィールドで活躍している前田さんが、このたび本を出版しました。

本のタイトルは「誰でも1回で味が決まるロジカル調理」。

「料理は科学」とも言われます。ロジカルな視点からひと手間加えることで、スーパーなどで買える食材で作っても、レストラン並みに美味しい料理に仕上がるのです。

この本では、そんな「料理科学」の視点からブラッシュアップした、家庭の食卓に並ぶ人気メニューのレシピを多数紹介しています。

 

前田さんは本校の学生だった頃、惟村先生(現 校長)の授業が大好きだったそうです。

惟村先生の授業の面白さを、熱く!熱く!語っていただきました(笑)

 

今後のご活躍も教職員一同応援しております。

最後は恩師の惟村先生とのツーショットで。

また、学校に遊びに来てください!

「生活習慣病」は普段何気ない日常の習慣が積み重なって発症する病気です。
「高血圧症」「糖尿病」「脂質異常症」など、一度かかると治りにくい病気がほとんどで、日本人の3大死因である「がん」「心臓病」「脳卒中」も生活習慣病に含まれます。
原因となる生活習慣には、偏った食生活、運動不足、ストレス、喫煙や飲酒などが挙げられますが、なかでも大きな要因を占めるのが食生活です。

この数十年で日本人の食生活は大きく変化してきました。生活習慣病はそれにともなって増加し、近年では若年層にまで広がっています。
好きなものを、いつでも食べたいだけ食べられる現代。それだけに、食生活の自己管理が求められています。

毎食、肉ばかり食べてはいませんか?野菜は充分とっていますか?朝食抜きの生活を続けていませんか?

<生活習慣病を防ぐ食事のポイント>

1. 決まった時間に1日3食、規則正しくとりましょう。
間食はとり過ぎに注意して、時間を決めましょう。また、お酒は飲み過ぎに気をつけて適量を守り休肝日をとりましょう。

2. 主食・主菜・副菜のそろった献立を心がけて、適量エネルギーの範囲内で食べる習慣をつけましょう。
主食=穀類、主菜=たんぱく質、副菜=野菜や海藻、そして乳製品や果物など組み合わせて食事をとりましょう。

3. 多彩な食品をとることで栄養素の過不足をなくす努力をしましょう。
エネルギーは炭水化物、脂質からバランスよくとり、ビタミンやミネラルは野菜から充分とりましょう。たんぱく質源は肉に偏らず、魚、卵、大豆製品、乳製品など、色々なものをとるようにしましょう。

新年度を迎えた4月、これまでの食生活の見直して、何をどれだけどのようにして食べればよいのか考えて、健康な食生活を設計しましょう。

私たち日本人にとって馴染みの深い花といえば、ですね。

は菊と並んで日本の国花でもあり、100円硬貨のデザインにも使われています。。
入学式や入社式の時期に咲く桜の花に、私たち日本人は人生の転機を感じ、様々な思いを寄せます。
桜は開花時期が短く「パッと咲き儚く散る」…その姿に、人々は足を止め、物事の移ろいやすさや、人生の儚さを感じるようです。

<桜の名前の由来は?>

「桜」という名は、沢山の花を一度に咲かせるその樹木の様子から、「咲く」に複数を表わす「ら」をつけた「咲くら」から変化したと言われています。
まさに満開の花々にピッタリの名前ですね。

<桜の塩漬けを作ろう!>

ソメイヨシノが散るころ、八重桜が咲き始め、私たちを楽しませてくれます。
そんな八重桜を使って、桜の塩漬けを作ってみましょう!

【桜の塩漬け】
(材料)
八重桜 100g
天然塩 20g(桜の20%)
白梅酢もしくは米酢 大さじ2杯
塩(保存用) 25g
(作り方)
1.桜の花をたっぷりの水で、よく洗います。
2.キッチンペーパーで水気をきります。
3.家庭用の漬け物器に花と天然塩を入れて、混ぜ合わせ、上から重石(200g~250g)をのせ一晩おきます。(漬け物器がなければジッパーつきの保存袋等を使い、本をのせても大丈夫です。)
4.出てきた水気を切り、桜をよく絞り白梅酢をかけます。
5.もう一度、重石(50g)をして、2~3日漬けこみます。
6.大きめのザル等にキッチンペーパーを敷いて広げ、2~3日陰干しします。
7.乾いたら瓶かジッパーつきの保存袋に、保存用の塩と一緒に入れて保存します。
重石の目安は桜の重量の約2倍に! 八重桜は七分咲きのものを選びましょう!
以上が作り方の説明です。

桜の塩漬けは、「桜湯」として、昔からおめでたい席などで喜ばれますが、パンやお菓子のトッピング等に使っても、色や香りを楽しめます。
ぜひ、作ってみてください!

満開!!

2018年4月3日 18:51

ビビットな濃いピンク色の花をボール状にたくさん咲かせ、

西洋シャクナゲが見頃を迎えました♪

中野駅前の桜は散ってしまいましたが、暖かな春の陽差しをうけて栄養校の花壇では

シャクナゲ以外にも色とりどりの花が咲いていますよ。

 

来週は入学式です、たくさんの花に囲まれた学校で新入生の登校を心待ちにしています!

こんにちは。
桜が綺麗な季節ですね。花粉症の人にとっては苦しい季節でもありますが…(-_-;)

さて、先週の土曜日3月24日に、2017年度最後の体験入学がありました。
この日は沢山の方にお申し込み頂きました(*^▽^*)

実習に入る前に、ミニ講義を受けました。
皆さん真剣に、この日使う食材に含まれる栄養素の説明や、調理する時のポイントを聞いていました。

 


ミニ講義の後は、各班に分かれて実習です。

 

 

在校生とも打ち解けてこの笑顔(`・ω・´)b

そしてできたのがこちらです♪

バラの香りのする紅茶と一緒に頂きました♡
参加してくれた皆さんも、お手伝いに来てくれた在校生・卒業生の皆さんも、
本当にありがとうございました!
広報 Y.N

卒業旅行 沖縄グルメ☆

2018年3月20日 17:21

卒業旅行1日目の昼食は国際通りでステーキです。

船内を模した小洒落た店内、船乗り姿のウェイターさんにコックさんが

お出迎えです。

席に着くと目の前の鉄板でパフォーマンスを交えながら焼き上げるステーキは

目にも楽しく、学生達の胃袋もとても満足だったようです。

帰り道、食に貪欲な学生たちはローカルなアイス屋さんを見つけ

追加のデザートです。(写真は沖縄らしくちんすこう味)

 

自由時間に立ち寄った道の駅では南国ならではのフルーツや野菜、もずくや海ぶどう

沖縄の定番食材やご当地グルメが目白押しで見ているだけでも楽しかったです。

もちろん見ているだけではなく色々な食べ物を実学で学んで来ましたw。

写真は取り損ねましたがイカスミ入りのジューシー(沖縄の炊き込みご飯)が

とても美味しかったです。

卒業式も無事に終わり、学校がガランとしていますね。

今日は2年生との思い出として、卒業旅行北陸グルメ編をご紹介します!

 

北陸旅行は1日目に永平寺に参拝し、精進料理を頂きました。

名物の胡麻豆腐や山菜がおいしかったですね。

また、お寺の中には触ると料理の腕が上がるという、大きなすりこ木がありました。

みんな必死に撫でていましたね^^

 

夕食は温泉旅館でカニを1人1杯ずつという豪華な食事!

カニを食べると静かになる、という話は本当でしたね。みんな黙々とカニと格闘です!

 

2日目は白川郷に向かいました。

まず雪深さに驚き、その美しさにまぶしささえ感じました。

白川郷ならではのお土産もあり、紫蘇もなかや豆菓子、飛騨牛を使った佃煮など

みんな沢山お土産を買いました。

 

夜は金沢市内に戻り、金沢の懐石料理を頂きました。

中には郷土料理である『治部煮』もあり、みんな感動していましたね。

 

3日目は朝から自由行動で、それぞれ兼六園や東茶屋街など観光地に赴いたようです。

その様子はまたの機会にご紹介します。

 

投稿者:S.C

卒業旅行 in 沖縄☆

2018年3月14日 16:24

はいさい!

試験も無事に終えた2年生達と最後の思い出作りにと、2泊3日で沖縄に卒業旅行に行ってきました。

2月の寒さ残る東京を離れて約1500km、天気にも恵まれて沖縄は一足先に春の暖かさです。

西海岸リゾートエリアのオーシャンビューの部屋に泊まり、青い海・青い空を臨みながらの3日間で、

自由行動ではマリンレジャーを楽しんだり、沖縄美ら海水族館や那覇市内に散策に行ったりと、学生達は

それぞれ友人との時間を楽しんでいました。

また泡盛の酒蔵見学もあり、酒蔵の方のわかりやすい丁寧な説明に、学生達も授業で学んできたことを

再確認できたと思います。

沖縄らしい食材や料理、文化にふれ、友人との楽しい時間にみんな満足してくれたのではないでしょうか。

学生生活も残り1ヶ月をきり少し寂しくもありますが、卒業前に楽しそうな学生たちを見ることができ、

私もいい思い出になりました。

(記事:M・O)

 

 

冷たい北風が吹く、この季節、畑では寒さに耐えてほうれん草が甘みを増しています。
おひたしや胡麻和え等、私たちの食卓に馴染みの深いほうれん草。現在では、品種改良され、様々な種類が市場に出回っています。
今回は、ほうれん草についてご紹介します。

「ちぢみほうれん草」
糖度や甘みをアップさせる為、寒にあてて栽培されたのが、ちぢみほうれん草です。肉厚で縮んだ葉が特徴です。

「赤茎ほうれん草」
ベビーリーフとして用いられることも多いほうれん草です。アクが少なく、サラダに入れると赤い色が彩りを良くします。

「サラダほうれんそう」
生で食べられるように改良されたほうれん草です。この品種は、畑ではなく、水耕栽培されます。
葉の色は、従来のほうれん草に比べ色が薄く、柔らかい蝕感が特徴です。

「赤茎ほうれん草」
ベビーリーフとして用いられることも多いほうれん草です。アクが少なく、サラダに入れると赤い色が彩りを良くします。

「山形赤根ほうれん草」
山形県で古くから栽培されて来たほうれん草です。今では珍しい東洋種で、甘く赤い色の根が特徴です。ぶどうやメロンに匹敵する糖度があります。

ほうれん草の栄養と言えば鉄分ですが、他にもミネラル、カロテン、ビタミンB群、やビタミンC、葉酸も豊富に含まれています。その為に造血作用があると言われています。

ほうれん草は、アクがある為に小さな子どもは苦手な子が多い野菜です。しかし、すりおろしておやつのホットケーキに入れたり、粉チーズと一緒に炒めることで、食べやすくなります。

この時期美味しくなるほうれん草、ひと手間かけて、家庭料理に取り入れてみましょう!