活躍する卒業生たち①

2019年2月14日 11:52

みなさん、こんにちは。

今週は寒の戻りも厳しく気温が安定しませんが、みなさんは元気にお過ごしですか?

本日は冬の寒さにも負けないくらい、元気いっぱいに活躍している卒業生を紹介します。

卒業生の前田量子さんは、本校で栄養学を学び、卒業後は保育園や病院での栄養士勤務を経て管理栄養士の資格も取得されました。また様々な学校などで本格的に料理も学ばれています。

現在は一流料理人の感覚的な技術を、本校で身につけた調理科学の視点を用いて誰でも実践できる理論的なものとして教える『前田量子料理教室』を主宰されています。本格的でありながらも誰でも再現できるレシピ、見た目にも美味しそうできれいな盛りつけが好評で、様々な雑誌やCM、企業などへのレシピ提供も行っています。

そんな前田さんの料理が、自宅でも簡単に学べるレシピ本、調理本が現在絶賛発売中です。調理の基礎がわかる「誰でも1回で味が決まるロジカル調理」と、簡単できれいで美味しいレシピ満載の「考えないお弁当」。どちらも主婦の友社から出版されていますので興味のある方はぜひ本屋さんをのぞいてみて下さいね。「考えないお弁当」はamazonランキングで1位(お弁当部門)も獲得していますよ。

織田栄養専門学校公式WEBページ

さいしょのひとつぶの雪

2019年2月12日 15:35

みなさん、こんにちは。

この3連休は冷え込みも厳しく雪もちらつくあいにくのお天気でしたね。お天気には恵まれませんでしたが、2月9日におこなわれた織田学園卒業制作展および栄養校の特別体験入学も無事に終えることができました。ご足労下さいました皆さまに御礼申し上げます。

そんな雪の降る卒業制作展、体験入学当日の朝、傘を差しながら駅に向う道中、道路に落ちては消えていく雪を見ていると、この先の天気の心配と共に、こどもの頃に教科書で読んだ杉みき子氏が書いた『加代の四季』の中にある雪の話を思い出しました。

 

『加代の四季~雪~』

雪がふりはじめた。

加代は、まどにしがみついて、おもてを見る。

ちらちらとふる雪は、ぬれた地面に落ちて、ジュッともいわないできえていく。その上におちてくる雪も、またそのつぎにくる雪も、みんな見るまにとけてしまって、いっこうにつもりそうもない。ようやく、うっすらすきとおったひと皮ができたかと思うと、だれかがびしゃびしゃ歩いてきて、せっかくつもったものをだいなしにしてしまう。

加代は、ふしぎでたまらない。

あんなに、つもってはきえ、つもってはきえしているのに、どうして、いつのまに、ふんでもとけないあつい雪の道ができるんだろう。

土にとりついて、とけないで、上からおちてくるなかまをささえた、さいしょのひとつぶの雪を、加代は見たい。

 

もう20年以上も前に読んだ話でしたが、素敵なものは記憶にとどまっているものですね。そのような食事や教育を提供できるようになりたいものです。

 

栄養校では卒業制作展に引き続き、卒業研究でまとめたポスターを1階ロビー掲示板に展示していますので、お越しの際には学生たちの学びの成果をぜひご覧になっていってください。

 

織田栄養専門学校公式WEBページ

みなさん、こんにちは。

立春も過ぎ、冬の寒さも残りつつ時折暖かさも感じられるようになってきましたね。その分日々の気温の変化も大きいですが、みなさん元気にお過ごしでしょうか。

今週で2年生の授業も終わりです。織田学園では2月9日(土)に各校での学業の集大成として5校合同で卒業制作展を行います。栄養校は卒業研究での各テーマをまとめたポスター展示を予定しています。

また、特別企画として体験入学を実施します。テーマはずばり『チョコレート』。調理科学に基づいた理論的な調理実習を行いチョコレートの秘密に迫りたいと思います!甘くて美味しいチョコレート(^^)♡、そんなチョコレートを好きな人は私も含めて沢山いると思います。また、チョコレートは嗜好性が高いだけではなく、近年注目のフィトケミカルも豊富に含んだ食品で、先日の健康をテーマにしたテレビ番組内でもチョコレートが取り上げれられていました。美味しくて、ためになる、そんな織田栄養専門学校の体験入学にぜひご参加ください。体験入学スタンプカードも好評継続中です。体験入学と夜間見学会を合わせれば入学選考料の免除にもまだ間に合いますので、進路が決まらない、進路に迷っている、食べ物が好き、食生活から健康で豊かな生活を送りたい、などなど、該当する方のお越しを教職員一同お待ちしています。

体験入学へのお申し込みはこちら

織田栄養専門学校公式WEBページ

みなさん、こんばんは。

織田栄養専門学校では体験入学・説明会のスタンプカードキャンペーンを実施中です。1回参加するごとにスタンプを1つ差し上げます。見事スタンプが3つたまったカードを願書と一緒に提出していただきますと入学選考料が全額免除されます。とてもお得ですね(^^) ♪

本年度のそんな体験入学・説明会も残すところわずかですが、まだ3回以上残っているので入学希望でまだ1度も体験入学・説明会に参加したことのない方はぜひこれからの体験入学の予定を確認してご参加ください。

体験入学へのお申し込みはこちら

 

織田栄養専門学校公式WEBページ

春の足音🌺

2019年1月21日 10:07

みなさん、こんにちは。

1月20日は二十四節気の大寒でした。1年で一番寒さがきつい頃ですね。

そんな寒い日が続く毎日ですが、今日は春の足音が少しだけ感じられる俳句を一句紹介したいと思います。

 

『梅一輪 一輪ほどの 暖かさ (服部嵐雪)』

 

寒さも厳しいですが、そんな中でも梅の花を一輪咲かせる分だけのささやかな暖かさ。そして、一輪、また一輪と咲き進んでいく。

かすかながらも確実な春の訪れの気配が感じられ、心の中がほっこりとして暖かくなる句ですよね。

織田栄養専門学校公式WEBページ

あけましておめでとうございます

2019年が皆さまにとって良い1年となりますように

写真の花飾りは本校の木内教員(担当:調理学、調理学実習Ⅱ)が活けました。木内教員は料理の味付けがおいしいだけでなく、盛り付けやテーブルコーディネートもふくめて素敵な食事と食空間の提供、食文化の伝達を日々の授業で教えてくれています。

 

織田栄養専門学校公式WEBサイト

みなさん、こんにちは。

クリスマスから一夜明け、昨日までのクリスマスムードから街中もスーパーの陳列もお正月へと変更されていますね。

みなさんはクリスマスをいかがお過ごしでしたでしょうか?

先週金曜日、織田栄養専門学校の2年生の選択演習の授業では、調理学演習の学生たちがクリスマス料理の作成を行っていました。スポンジケーキをいちから手作りしてのクリスマスケーキ作りにローストチキンの作成と、大がかりな調理実習を学生たちは楽しそうに行っていました。味付けも盛り付けも各学生とも上手にできあがり、実習のあとはみんなでクリスマスパーティーをして年内の授業を締めくくっていました。

私も学生から出来上がった料理を食べさせてもらいましが、とてもおいしかったです(^^)






織田栄養専門学校公式WEBサイト

みなさん、こんにちは。

今年も残すところあとわずかになりました。

織田栄養専門学校も12月21日(金)に年内の授業は終了しました。

本日は後期授業の中から、食品加工学実習について紹介します。

食品加工学実習では、実際に代表的な加工食品を製造することにより、各食品の加工原理や保存の原理を体験し理解することを目的に授業が行われ、農産加工品、水産加工品、畜産加工品、微生物を利 用した加工品など毎回様々な種類の加工食品を製造しています。



写真は農産加工品(果物の加工品)である「りんごジャム」と「みかんの缶詰」です。

「りんごジャム」の加工ではジャム特有のとろみの理由や瓶詰の保存性について、「みかんの缶詰」の加工ではみかんの薄皮(じょうのう膜)の除去の仕方や缶詰の保存性について学習をしました。

私は子どものころ、薄皮のきれいに剥かれた缶詰のみかんを真似したくて頑張って手で剥いてみた記憶がありますが、ボロボロになるだけであんなにきれいにならずにがっかりしました。

まさかあんなふうに取り除いているなんて…子どもの力ではどうにもならなかったはずですね。

缶詰のみかんの薄皮がどのように取り除かれているのか気になる人は、ぜひ体験入学や随時行っている学校見学に申し込みをして織田栄養専門学校に遊びにきて質問して下さいね。

 

体験入学のお申込みはこちら

 

織田栄養専門学校公式WEBサイト

冬至

2018年12月22日 10:30

みなさん、こんにちは。

本日12月22日は1年のなかで一番日照時間が短い日、冬至です。

冬至の日には、無病息災を願って南瓜や小豆団子や小豆粥を食べたり、柚子湯に入る風習があります。

みなさんも今日に献立にぜひ南瓜や小豆を取り入れて健康を祈願してはいかがでしょうか。

織田栄養専門学校公式WEBサイト

みなさん、こんにちは。

栄養士の働く現場は多岐にわたりますが、どのような現場でも様々な立場の人々とかかわり、コミュニケーションをとりながら仕事をしていくことになります。そのためにもコミュニケーションスキル、接遇力は栄養士の大切な能力のひとつになってきます。

ということで、11月22日に接遇のプロ集団であるディズニー主催のディズニーアカデミーへ、コミュニケーションスキルの研修を受けに行ってきました♪

グループワークを交えた2時間ほどの研修の後は、学んだことを体験しながら確認するため、実際にディズニーシーへ行ってきました(^^)

我々栄養士も食事の提供を通して、楽しい気持ちや素敵な時間を多くの人に提供していきたいものですね。

 

織田栄養専門学校公式WEBページ