包丁技術 プロの技を学ぶ

2016年5月23日 18:39

今回は、「調理学演習」の授業風景をご紹介します。

2年生の授業で、調理・包丁技術の上達を目指す学生さんが選択しています。

 

午前中はフルーツの切り方と盛り合わせ。

 

学生さんの盛り合わせプレート

切り方を変えて綺麗に盛り付けると、ぐっと華やかになりますね!

 

 

そして、午後は野菜の基本の切り方と飾り切りです。

今回は特別講師として、織田調理師専門学校の児玉幸司先生にご指導いただきました。

 

皆さん、いつも以上に真剣に話をきいています!

 

「和のしつらえ」を飾り切りの野菜を使って表現してくださいました。

細く滝のように流れているのは、なんと、“大根の桂むき”!

お花がいけてある黄色い花器は“かぼちゃ”でできています!

食べて頂く人のことを考えた「おもてなしの心」の大切さを改めて教えて頂きました。

栄養士としても大切にしていきたいですね。

 

 

学生さんも、飾り切りに挑戦!

 

やはり、上達には練習が必要不可欠。

今回の包丁技術を取り入れながら、前期の最後にはオードブルを作成予定です!

学生さんの上達を期待したいと思います★