給食センターの見学に行ってきました!〜栄養学演習〜

2016年5月21日 09:49

二年生の選択授業のひとつ、栄養学演習の授業で、小平市立学校給食センターに見学に行ってきました!

(ホームページはこちらです→

 

栄養士の方、栄養教諭の方から、こちらの給食センターの特徴についてお話をお聞きしました。

 

小平市にある8つの市立中学校の給食を作っているそうです。

その数なんと約4400食分

普段、織田栄養専門学校の給食実習で作ってるのは140食程度なので、その食数の多さにみなさんびっくりしてました。

 

小平市立給食センターは生徒のみなさんに喜ばれる食事作りを目指しており、

実際に給食の時間に訪問した際に直接意見を聞き、献立に反映させることもあるそうです。

 

厨房の中には入れないので、窓から覗かせてもらいました。

みんな窓に張り付いて興味津々!
中は大きな食品工場のようになっていました。

 

 

こちらは全自動炊飯器(とても高価な機械だそうです!)

 

こちらはとても大きなお鍋でスープを作り、クラスごとの食缶に移しています。

11時ごろになると奥の出口から、配送されていきました。

8校に30分ほどかけて配送するそうです。

 

学生のみなさんも実際に給食をいただきました!

 

 

今日の献立は

・手巻きずし(イカの竜田揚げ・梅きゅうり)

・つみれ汁

・牛乳

でした。

 

配膳も体験しました!

 

 

みなさん、普段の授業ではしっかりと計って盛り付けるように習っているので、

見た目から一人当たりどれくらいになるかを考えるのに戸惑っていました。

栄養士校ならではの戸惑いですね(^^)

 

 

こちらの給食センターでは地場産野菜の利用にも積極的取り組んでいるそうです!

 

今日はこちらのつみれ汁の大根が小平産でした♪

 

そして牛乳はこだわりの低温殺菌のものです!


臭みがなく、なめらかな味がしました。

こんなにおいしい牛乳を毎日飲めたら、牛乳好きな人が増えそうですね。

 

 

そして食後の質疑応答の時間では、みなさん次々と質問していました。

積極的な姿勢がとってもいいですね!

 

現場のことを知れて、みなさんとても刺激になったようです。

小平市立学校給食センターのみなさま、お忙しいところありがとうございました。

 

 

(写真・記事:阿部)