調理実習〜炊き込み御飯、かき玉汁、カレイの煮付け〜

2016年6月11日 15:15

先日、関東も梅雨入りしました!

織田学園のファッション校に植えてある紫陽花がとても綺麗に咲いています。

   
  

栄養校の学生もいつも紫陽花を見ながら登校してます。

さて、今回は一年生の調理実習の様子をご紹介します。
炊き込み御飯

かき玉汁

カレイの煮付け

きゅうりとワカメの酢の物



を作りました!

実習室全体の様子です。

みんなが一斉に作るので、とても賑やかになります!

今回はかき玉汁に入っている片栗粉にはどのような役割があるのか、先生が片栗粉あり、なし両方作って実演してくださいました。

こちらが片栗粉あり   
 
 こちらが片栗粉なし 
卵の様子が全然違いますね!

片栗粉ありは細かく広がります。

型抜きなしは大きな塊状になります。
またそれ以外にも役割があります。

片栗粉あり、なしで温度変化を比較しました!

  
30分後には片栗粉ありが51℃、片栗粉なしが36℃となりました。

片栗粉には保温効果もあるんですね! 
今回の主食は炊き込み御飯です。

   
具をたくさん入れて、調味料をいれて点火します。

お米の浸漬中に調味料を入れると、お米が水を吸いにくくなり固く仕上がってしまいます。

必ず点火直前に入れましょう!
 こちらは主菜のカレイの切り身。  

新鮮で美味しそうな切り身が届きました。

  

煮汁の中で加熱中です。
こちらはきゅうりの小口切りをしているところをパシャリ。

  

ブログに載せるよ、と言ったらわざわざ手を止めてピースしてくれました(^^)

お邪魔してしまいすみません(^_^;)

上手に切れたらしく、とても嬉しそうでした。

きゅうりの小口切りは、期末の実技試験の課題でもあります。
みなさんこれからたくさん練習して上手になってくださいね!

出来上がりがこちらです!
  
仲良く試食中♪
 

実習中の振り返りや、初めて食べたものの感想などを話しながら試食してました。

段々とみなさんの手際も良くなってきてます。日々の努力の賜物ですね!

次回も頑張りましょう!

(写真・記事:阿部)