いちご、イチゴ、苺🍓

2019年3月20日 17:58

みなさん、こんばんは。

陽差しも暖かになり、福岡の舞鶴公園では桜(ソメイヨシノ)も開花したそうですね。明日は春分の日、東京でも桜の開花予想が出ています。春本番ですね。

春になると桜の他にも様々な動植物の動きが活発になり、旬を迎える食材や春だけの食材も多く出回り、私たちの食卓を楽しませてくれます。いちごもそんな食材のひとつです。クリスマスケーキでの需要から、ハウス栽培されたものが12月から多く出回るいちごですが、本来のいちごの旬は春、まさにこれからです。いちごは果物の中でも特にビタミンCを多く含む食品です。ビタミンCは体内では抗酸化剤として活性酸素や除去やフリーラジカルの消去にかかわり、体を構成する主要なたんぱく質であるコラーゲンの生成にも必須の栄養素です。人の体内では合成ができないため、食品からの摂取がとても重要な栄養素です。

そんなビタミンCたっぷりの旬のいちごをテーマにして、3月24日(日)に織田栄養専門学校では調理実習を行う体験入学を実施します。メイン食材であるいちごにこだわり、実習を通して調理科学、栄養学、食文化などに触れていきます。

今回使用するいちごは『いばらキッス』という品種を予定しています。学校がある中野区の交流都市である常陸太田市の生産農家から、直送で真っ赤ないちごが届きます。常陸太田市のある茨城県は全国でもトップクラスの農業王国です。そのような茨城県が満を持して改良したオリジナル品種のいちご『いばらキッス』は、糖度が高く甘味の強いしっかりとした味に適度な酸味、ほどよい硬さとジューシーな食感が特徴です。また、赤色も濃くつややかで見た目も美しいいちごです。そんな美しくフレッシュないちごに特性のクリームと芳醇な味わいのデニッシュパンを合わせたいちごサンドやいちごタルト、その他おいしい軽食が食べられる体験入学に、ぜひ遊びにきませんか(^^)

 

織田栄養専門学校公式WEBサイト

体験入学へのお申込みはこちら